もったいない?服を捨てるタイミングを悩んだ時の基準と見極め方法

服は完全にゴミになるタイミングのない物です。
服を捨てる基準や目安、期間に悩まされた経験はありませんか?
「服を捨てる」という行為に、何となく罪悪感や抵抗を感じる人も少なくありません。

今回は、『服を捨てるタイミング』を見極める方法をご紹介いたします。

コーデを考える時、選択肢に入らない服はいらない

実際に着る服を大切にしよう

一番始めに判断すべきポイントは、「スタメンに入っているか?」です。
服を捨てるタイミングがわからない方は、長い期間着ていない服を多く持っています。
個人差はありますが、特に男性が1シーズンで着る服はそう多くありません。
もちろん、色々な服を着たいから数を揃えているよ!という方もいますが、大体の男性は「今日は何を着ようか?」と考えた時、候補に入れる服は無意識に限られています。

「今日、明日着る服」の候補にならない服は、既に捨てるタイミングを迎えた服です。
「いつか着るかも!」の服は、着る可能性は0でなくとも、その時に着る「最善の服」になることはありません。

迷ってる時間は無駄!

スタメンに入っていない服であっても、ベンチ入りしている服があると思います。
なかなか出番がなく、長い間ベンチに居座っている服は、既に捨てるタイミングかもしれません。
例えば、「購入したけど1度着ただけでしばらく着ていない服」や「お気に入りでずっと着ていたけど、古くなって着る頻度がかなり下がった服」が当てはまります。

潜在的には着るつもりがないのに、”まだ新しい”とか”気に入っていた”といった感情でベンチ枠が溢れていると、服を選ぶ時に考える事が増え、自然と体力を消耗します。

結局、しっかりと今気に入っている服を選ぶことになるので、必要のない選択肢は最初から減らしておきましょう。

毛玉・くすみが出た服は容赦なく捨てる

清潔感が失われる服は、おしゃれでもNG!

清潔感については、『最も簡単!服装を変えるだけで清潔感を出す方法』でもご紹介したのですが、実際にちゃんと洗濯していて清潔な服であっても、毛玉やくすみといった清潔感を失う要素がある服は、コーデを台無しにします。

「毛玉」「色のくすみ」は、捨てるタイミングの基準・目安です。
まだ、毛玉少しだから・・・。元々の色なんて誰も覚えてないよ・・・。と判断を誤らないように注意することが大切になります。

「もったいない!」という気持ちは痛い程わかりますが、心を鬼にして捨てる決心をしましょう。

特に白いアイテムの見極めは厳しく!

白は清潔感のリーダー的存在です。
純白を使えば、清潔感を感じさせることができますが、黄ばんだ白を使ってしまうと、他のアイテムでどんなに清潔感を出そうとも無意味になってしまいます。
白は汚れやすく、ケアしていても知らぬ間に変色しているため厳しい目が必要です。

自分で把握できる数の服だけ持つ

把握することにより、足りない物がわかる

着ない服をたくさん持っていると、自分が何を持っていて、何を持っていないか把握することが用意ではありません。
しかし、自分が「今日、明日着たい服」のみ持っていれば、当然自分の服を把握することになります。
自分の持っている服のイメージがぼんやりすることなく、一つ一つをしっかりイメージすることができます。
そうすることによって、新しく服を購入する時でも、自分の持っているあの服に合うかも!とコーデを作る手助けにもなります。
また、「今日、明日着たい服」のみになった時、”青ばっかり持っている”などと自分の偏りなどにも気付きやすくなります。

衣替えの季節に決心してみる!

季節の変わりめは、スッキリする絶好のチャンスです。
終わった季節の服で、着なかった服や把握しきれていなかった服は思い切って捨てましょう。
そして、迎える季節の服はしっかりと厳選し、着ない服を持たないコツを身に付ける準備を整えておきましょう。

大切なのは「服」ではなく「自分」

「服を捨てる罪悪感・抵抗」「もったいない」という気持ちはなかなか消えないものです。
しかし、「自分」が着るために買った「服」に自分が制限されてしまうのは本当の意味で「もったいない」です。

服を捨てるタイミングとして、 『選択肢に入らない服』と『清潔感がない服』に該当した時を基準として決心しておくと良いと思います。

手元をスッキリさせておき、「着たいと思える服」を手元に増やしていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

fashile運営者の1人25歳。 服装がダサい自覚がないまま大学入学。数ヵ月後、自分は生まれながらのおしゃれ属性ではないことに気が付く。脱ダサしようと友人の協力を得つつおしゃれとバトル。おしゃれはセンスではなく、知識と経験であると気が付く。自分は特別おしゃれでもないし、前衛的な服装もしていないが、過去の自分のようにダサい服装から垢抜けたい人を応援するため、fashileを開設。オシャレオシャレした既におしゃれな人に向けた情報ではなく、レベル1からレベル50くらいまで上げられる情報を中心に発信してきます。