デニムジャケットがきつい場合の対処法!【パーカーなどの重ね着】

「デニムジャケットがきつい」「肩・腕・背中がパツパツ」「着丈が短い」といった経験はありませんか?

パーカーやニットの上にデニムジャケットを重ね着するとたびたび起きる問題です。

きついと実際に着心地も悪いし、見た目も窮屈な印象になって嫌ですよね。

 

この記事では、デニムジャケットがきつい場合の対処法について解説していきます。

参考になれば嬉しいです。

 

この記事で分かること

  • デニムジャケットがきつい原因
  • デニムジャケットがきつい場合の対処法

 

デニムジャケットがきつい場合の対処法!【パーカーなどの重ね着】

まず、デニムジャケットがきつい理由は、

  • デニムジャケットは伸びる素材ではない
  • デニムジャケットはタイトなものもある
  • 体格に恵まれている

こんな感じだと思います。

 

デニムジャケットはあまり伸びる素材ではないので、中身の許容サイズは限られるのが原因です。

限界を越えると、肩や背中、腕といった部分がきついと感じることに繋がります。

 

デニムジャケットをサイズアップする

思い切ってサイズの大きいデニムジャケットに変えるのがおすすめです。

パーカーなどを重ね着するときついデニムジャケットはジャストサイズ用として使いましょう。

元々オーバーサイズとして作られているデニムジャケットか、普段より大きいサイズのデニムジャケットを選べば重ね着してもきついとは感じません。

 

  • きついデニムジャケット → インナーはTシャツなど
  • 大きめデニムジャケット → インナーはTシャツ・ニットなど

 

デニムジャケットは、サイズの違いでコーデの印象も変わってくるので、無駄な買い物にはならないと思います。

 

デニムジャケットのインナーを薄手にする

デニムジャケットのインナーが厚手の場合は、薄いインナーに替える方法もあります。

少し寒くなるかもしれませんが、きつい見た目よりは違和感がないです。

 

仮に体格の良い人であれば、細い人よりも薄着な印象になりません。

  • ガリガリ【デニムジャケット×厚手パーカー】→ 暖かそう
  • ムキムキ【デニムジャケット×薄手パーカー】→ 暖かそう

 

寒い季節で、細めの人が薄手パーカーにする場合は、マフラーなど暖かそうな小物を足すと寒そうに見えにくいです。

 

デニムジャケットがきついコーデは避けよう

メンズファッションにおいて、サイズ感はかなり重要なポイントです。

サイズ感が合っていないと、シルエットが上手く整わなかったり、違和感を覚えたりします。

 

デニムジャケットが少しきついくらいで買い替えをするのは抵抗があるかもしれませんが、買い替えがおすすめです。

重ね着するときついデニムジャケットも、暖かい時期にタイトなデニムジャケットとして活躍させられるので、もったいなくはないと思います。

きついのに無理やり着る方がもったいないので、おしゃれな服装を優先してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

fashile運営者の1人25歳。 服装がダサい自覚がないまま大学入学。数ヵ月後、自分は生まれながらのおしゃれ属性ではないことに気が付く。脱ダサしようと友人の協力を得つつおしゃれとバトル。おしゃれはセンスではなく、知識と経験であると気が付く。自分は特別おしゃれでもないし、前衛的な服装もしていないが、過去の自分のようにダサい服装から垢抜けたい人を応援するため、fashileを開設。オシャレオシャレした既におしゃれな人に向けた情報ではなく、レベル1からレベル50くらいまで上げられる情報を中心に発信してきます。