服の色合わせは、モノトーン+1色がベスト!【メンズファッション】

【メンズファッション】色の組み合わせ方!コーディネートの色使い

こんにちは、僕は「モノトーン+1色」コーデを意識した結果、服の色合わせで困ることがなくなりました。

 

以前の僕は、「緑と赤が合う」のような色の相性を必死に考え、もれなく失敗していましたね。

 

 実を言うと、ファッションの色合わせでは、闇雲に「相性の良い色」を合わせてもおしゃれになれません。

とはいえ、「モノトーン+1色」という明確な答えがあるので安心です。

 

この記事を書いている僕は、メンズファッションの基本も知らず、正しい色使いも知りませんでした。

そこから知識をつけて、ある程度「おしゃれな服装」をできるようになった人間です。

 

まだ読んでいない人はこちらからどうぞ

>>【メンズファッションの基本】おしゃれな服装には鉄則があります。

 

この記事でわかること

  • 真実:服の色合わせとモノの配色は違います
  • 服の色合わせは、3つの種類で構成される
  • 服の色合わせは「モノトーン色+1色」が正解
  • 服の色合わせは「モノトーン+1色」までがおすすめの理由

真実:服の色合わせとモノの配色は違います

下記のとおり、メンズファッションとモノのデザインは色合わせが違います。

  • 服の色合わせ:黄色と青の相性が良いからと、黄色と青の服だけ着るとダサい
  • モノの色合わせ:黄色と青の相性が良いので、黄色と青でデザインすると良い(例:チュッパチャップスなど)

 

Mr.トリ
メンズファッションの色は、何色と何色が合うのような考えが当てはまらないよ

 

メンズファッションでは、服装の色合わせを優先する必要があります。

 

服の色合わせは、3つの種類で構成される

  • モノトーン色(白、黒、グレーなど)
  • 原色(赤、青、緑など明るくはっきりした色)
  • 薄い色(薄いベージュなど落ち着いて主張の弱い色)

メンズファッションでは、色を上記の3種類に分類して使い分けます。

 

Mr.トリ
それぞれの特徴を紹介していくよ

 

モノトーンカラー

モノトーン色は、シンプルな色であり、きれいめ要素が強い色です。

スーツによくある色でもありますね。

 

モノトーン色の特徴

  • きれいめ要素が強い
  • シンプルな印象
  • 清潔感がある
  • 大人っぽい印象

実際、メンズファッションではモノトーン色が一番大切です。

 

Mr.トリ
モノトーン色が無いと、おしゃれなメンズファッションは成り立たないよ

 

原色、明るい色

原色は、ラフな印象の服であり、カジュアル要素の強い色です。

子供服屋さんに行くと、原色の服がたくさん売られていますね。

 

原色の特徴

  • カジュアルな印象が強い
  • 色の主張が強く目立ちやすい
  • 個性的
  • 子どもっぽい印象

個性はあるのですが、正直メンズファションでは使いにくい色です。

 

原色を使いすぎると子供っぽくなる件

原色は、個性的・ラフで親しみやすい印象になるメリットがありますが、実際は子どもっぽくなるデメリットの方が大きいです。

  • のび太:黄色の服
  • しずかちゃん:ピンクの服
  • ジャイアン:オレンジの服
  • スネ夫:水色の服

ドラえもんの主要人物は子どもなので、明るい色を着ています。

のび太がモノトーンに大人っぽく決めてたら違和感がすごいですよね。

スマート過ぎて絶対勉強もスポーツも出来るだろ。と印象が変わってしまいます。

 

シロクマくん
大人が原色を使い過ぎるのは、幼稚に見えてしまいがちだよ

 

薄い色

薄い色は、主張が弱く、服装に馴染みやすい色です。

 

薄い色の特徴

  • 色の主張が弱く、目立ちにくい
  • 色が薄いので、コーデに入れやすい
  • 単体では使いにくい

活躍の機会は少ないですが、同系色の色と合わせやすい色です。

 

Mr.トリ
次に、色の合わせ方について解説していくよ

 

服の色合わせは「モノトーン色+1色」が正解

メンズファッション最強の色使いは「モノトーン色+1色」コーデです。

  • モノトーン色の服:メイン(複数可)
  • +1色:差し色

「モノトーン+1色」を実践する前の僕であれば、「地味じゃない?」と懐疑的でしたが、実際に試してみると納得の方法でした。

 

Mr.トリ
モノトーン+1色を意識するだけで、かなりおしゃれになれるよ

 

モノトーン+1色の具体例

上記のコーデの場合

  • ブルゾン:黒(モノトーン)
  • カットソー:ブラウン(+1色)
  • スキニー:白(モノトーン)
  • スニーカー:黒(モノトーン)

カットソーのブラウンが「+1色」となっています。

 

トーンの統一はありな件

上記のコーデでは、ベージュのクラッチバッグを持っていますよね。

一件、「+2色目?」と感じますが、「+1色目」のブラウンと同系色のベージュが使われています。

同系色の色を使ってトーンを統一すれば、違和感なく2色目を追加可能です。

 

Mr.トリ
とはいえ、無理して2色目を使う必要はないよ

 

2色目を使う場合は、先に紹介した「薄い色」が使いやすいですが、基本は「モノトーン+1色」をおすすめします。

 

実は、モノトーンコーデもおすすめです。

  • ブルゾン:ネイビー(モノトーン)
  • カットソー:白(モノトーン)
  • スキニー:黒(モノトーン)
  • スニーカー:白(モノトーン)

+1色を加えないで、モノトーン色のみで作ったコーデもおすすめです。

 

モノトーンコーデの特徴

  • シンプル is the best
  • 清潔感がある
  • 簡単で失敗しにくい
  • 大人っぽい印象

最初は、モノトーンコーデから始めるとスムーズにおしゃれができます。

モノトーンコーデを作れるようになれば、1色加えるだけで「+1色コーデ」も作れるので、まずはモノトーンコーデを実践しましょう。

 

Mr.トリ
キメ過ぎ感が出ないように、モノトーン色のカジュアルアイテムを上手く使おう

 

服の色合わせは「モノトーン+1色」までがおすすめの理由

メンズファッションの色合わせは、基本的に「モノトーン+1色」までがおすすめです。

 

色が多いと子どもっぽく、ガチャガチャする

1つのコーデに使う色が多すぎると、子どもっぽい印象になりやすいです。

 

  • モノトーン+1色:シンプルで大人っぽい色+個性を加える色
  • モノトーンコーデ:シンプルで大人っぽい色で統一
  • モノトーン+3色:ゴチャゴチャ、統一感がなくまとまっていない印象

 

とはいえ、絶対的ルールではないので、モノトーン+2色、+3色でもおしゃれなコーデが存在する可能性はあります。

メンズファッション初心者、または自然におしゃれになりたい人は、モノトーン+1色コーデを基本に考えておけばOKです。

 

シロクマくん
色をたくさん使えれば、おしゃれと言うわけではないよ

 

テレビの衣装とは目的が違う

芸能人は「多色のコーデ」でテレビに出ていますよね。

おしゃれな芸能人を見ると、真似してみようかなと思う人もいるかもしれません。

とはいえ、芸能人の衣装とおしゃれな私服では目的が異なります。

 

Mr.トリ
芸能人は覚えてもらうこと、目立つことが仕事だよね

 

証拠として、目立つことが仕事ではないアナウンサーさん達は、目立ち過ぎない落ち着いた服装です。

また、芸能人は可能な限り、「他の共演者」や「番組のセット」の印象よりも目立ちたいですよね。

 

芸能人も普段は普通の服装をしています。

芸能人の密着番組やドッキリなどで、プライベートの私服を見た時、「コレじゃない感」や「意外と地味だな」と感じた経験はありませんか?

 

Mr.トリ
テレビの衣装は「おしゃれな私服」ではないからだよ

 

おしゃれな私服は、「モノトーン+1色」または「モノトーン統一」コーデです。

これが真実です。

 

モノトーン+1色、モノトーンコーデをまだ実践していない人であれば、かなり印象が変わります。

 

今回は以上です。服装の色は大切なので、正しい色使いを身に付けて、おしゃれなコーデを作っていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

fashile運営者の1人25歳。 服装がダサい自覚がないまま大学入学。数ヵ月後、自分は生まれながらのおしゃれ属性ではないことに気が付く。脱ダサしようと友人の協力を得つつおしゃれとバトル。おしゃれはセンスではなく、知識と経験であると気が付く。自分は特別おしゃれでもないし、前衛的な服装もしていないが、過去の自分のようにダサい服装から垢抜けたい人を応援するため、fashileを開設。オシャレオシャレした既におしゃれな人に向けた情報ではなく、レベル1からレベル50くらいまで上げられる情報を中心に発信してきます。