カーディガンが似合わない体型は肩幅と骨格を見れば分かる【メンズ】

「カーディガンが似合わない」「カーディガンが苦手」と思ったことはありませんか?

女性は骨格診断などでウェーブ・ストレート・ナチュラル型に分けるなど細かく考えるかもしれません。

ですが男性の場合、簡単に体格でカーディガンが似合うか似合わないか判断が可能です。

この記事を読めば、カーディガンが似合う体格か似合わない体格か分かります。

 

この記事のもくじ

  • カーディガンが似合わない体型は肩幅と骨格を見れば分かる【メンズ】
  • カーディガンが似合わない体格の人はブルゾンを着よう

 

カーディガンが似合わない体型は肩幅と骨格を見れば分かる【メンズ】

まず前提として、「カーディガンが似合わない体格=カーディガンを着てはいけない」わけではありません。

似合いやすいかどうかと考えてください。

 

カーディガンが似合わない体格は、肩幅が広く体格の良い男性です。

肩筋や胸筋が大きいとカーディガンが膨れるので、華奢なイメージのあるカーディガンが上手く合いにくいです。

伸びやすいカーディガンの生地が身体の形に沿って、上半身のシルエットが丸みを帯びている人をみたことないでしょうか?

 

体格良い男性はカーディガンが似合いにくいですが、その代わりTシャツ一枚でも様になるなど、メンズファッション的メリットもあるので「カーディガンが似合わないからダメ」なんてことはまったくありません。

 

あと、自分では体格が良いつもりで「カーディガンが似合わないタイプだ!」と思っていても、意外と該当していない場合もあります。

ちょっと体格が良い・ある程度スポーツで筋トレしてた程度ならカーディガンが似合いづらい体格に該当しないので安心してください。

 

本気のマッチョ、誰がどう見ても強者である人間だけがカーディガンに納まる器ではないという話です。

 

カーディガンが似合う男性の体格は?

逆に言うと、カーディガンが似合う体格は、細めでカーディガンが肩からストンと落ちる人です。

肩の筋肉、腕の筋肉があると丸みを帯びるので、丸みを帯びない筋肉のない人が当てはまります。

男らしい印象よりも、シュッとしたイメージの人に似合いやすいです。

 

服に興味がなさそうなオタクファッションの人でも、ガリガリ体型なため奇跡的にカーディガンを上手く着れている人もたまに見かけます。(ボトムスなどで失敗していてトータル的にダサいです)

自分は細めの体格だなと思う人は積極的にカーディガンを着てみてください。

 

ロングカーディガンが似合わない体格は?

ロングカーディガンの場合も普通のカーディガンと同じです。

丸みを帯びそうなマッチョ体型の人にはおすすめしません。

カーディガンが似合う体型の人でも、ロングカーディガンが特別好きでなければあえて着る必要もないと思います。

 

ロング丈の服を着るのであれば、ステンカラーコートやチェスターコートなどのスプリングコートを着るべきです。

コートの場合は、マッチョ体型もガリガリ体型も似合うの安心して使ってください。

 

カーディガンが似合わない体格の人はブルゾンを着よう

カーディガンが似合わない体型だからといって落ち込む必要はありません。

体格の良い人の方がかっこよく着こなせる服はたくさんあります。

カーディガンの代わりに薄手のブルゾンやジャケットを着ましょう。

やわらかい・かわいらしいイメージのあるカーディガンより、男らしい・かっこいいイメージのある服がよく似合うだけの話です。

自分に合うスタイルを少しずつ確立していきましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

fashile運営者の1人25歳。 服装がダサい自覚がないまま大学入学。数ヵ月後、自分は生まれながらのおしゃれ属性ではないことに気が付く。脱ダサしようと友人の協力を得つつおしゃれとバトル。おしゃれはセンスではなく、知識と経験であると気が付く。自分は特別おしゃれでもないし、前衛的な服装もしていないが、過去の自分のようにダサい服装から垢抜けたい人を応援するため、fashileを開設。オシャレオシャレした既におしゃれな人に向けた情報ではなく、レベル1からレベル50くらいまで上げられる情報を中心に発信してきます。