【メンズ必見】きれいめな服の判断方法・具体例とおすすめブランド

【メンズ必見】きれいめな服の判断方法・具体例とおすすめブランド

『メンズ コーディネートの基本』で「きれいめな服」と「カジュアルな服」のバランス次第でコーデの完成度がまったく違ってくる事を解説しました。

日常生活の私服として、”きれいめ”と”カジュアル”のバランスは7:3がベストです。

では、具体的にどんな服が『きれいめな服』なのでしょうか?

こちらも併せてご覧ください。
⇒『【メンズ必見】カジュアルな服の判断方法・具体例とおすすめブランド』

きれいめなアイテムとは?きれいめの判断方法

①モノトーンカラーであり、カラフルでないもの

白や黒などの落ち着いたモノトーンカラーのアイテムが「きれいめアイテム」となります。

また、柄がなく無地な方が「きれいめ」に寄ります。

カラフルな物や柄物は、比較的子供っぽい印象を与えるのです。

逆に大人っぽい印象を与える“モノトーンカラー”“無地”のアイテムは「きれいめ」と言えます。

②シルエットが「細め・タイト」なもの

「テーラードジャケット」や「スキニーパンツ」は、体の線がでるようなシルエットで作られており、「きれいめアイテム」に当たります。

しっかりとキマっているイメージがあったり、キチっとした印象を与える形で、全体的に見てもシンプルなものが「きれいめ」となります。

③スーツが最も「きれいめ」な服装

スーツなどの正装で用いられるものは基本的に「きれいめアイテム」です。

先ほども挙げましたが、「テーラードジャケット」「スラックス」「革靴」「シンプルな時計」等は正装にも用いられるアイテムです。

従って、「スーツなどの正装」に近いアイテムが『きれいめ』として判断できます。

「きれいめなアイテム」の一般例

テーラードジャケット

白シャツ

ハット

シンプルな腕時計

スキニーパンツ

テーパードパンツ

革靴

「きれいめアイテム」の多いブランド例

紹介するブランドの商品が全て「きれいめなアイテム」という事ではありません。

ほとんどのブランドは「きれいめ」「カジュアル」両方のアイテムを扱っています。

例にあげるのは“きれいめアイテムの印象が強い” また、“優れたきれいめアイテムを揃えている”ブランドです。

nano universe(ナノユニバース)

UNIQLO(ユニクロ)

GU(ジーユー)

 

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

 

HARE(ハレ)

RAGE BLUE(レイジブルー)

「きれいめアイテム」の使い方

きれいめでしっかりコーディネートの基礎を作る

『メンズ コーディネートの基本』でも説明している通り、コーディネートの基本はきれいめで作ります。

「きれいめアイテム」7割でしっかりとコーディネートのバランスを取らなくては、残り3割の「カジュアルアイテム」を使うことはできません。

服装も基礎が大事で、きれいめを疎かにし、派手なカジュアルアイテムばかりに力を入れるのは、メンズファッションの陥り易い失敗パターンなので気をつけましょう。

また、アイテムの割合だけでなく、コーディネートの色も同じです。

「モノトーンカラー」でしっかりと全体のカラーを整えましょう。
「モノトーンカラー + 1色」くらいが服装のバランスをとれる配色です。

きれいめなアイテムの特徴を知り正しく使おう!

きれいめをしっかり使えるようになる

「きれいめアイテム」は、「カジュアルなアイテム」に比べて種類が少ないです。

従って、慣れてしまえば扱うことは難しくはありません。

どうしても、”おしゃれ=カジュアル”のイメージが一般的に強いですが、おしゃれな人は必ずといって良い程、『きれいめ』をしっかり使いこなしています。

まずは、「黒のスキニーパンツ」もしくは「黒のテーパードパンツ」を履いてみる事で『きれいめの威力』を実感してみてください。

今までの服装で『きれいめ』を使っていなければ、特に大きな変化を得られます。

まだご覧になっていなければ、こちらも併せてご覧ください。
⇒『【メンズ必見】カジュアルな服の判断方法・具体例とおすすめブランド】』

ABOUTこの記事をかいた人

fashile運営者の1人25歳。 服装がダサい自覚がないまま大学入学。数ヵ月後、自分は生まれながらのおしゃれ属性ではないことに気が付く。脱ダサしようと友人の協力を得つつおしゃれとバトル。おしゃれはセンスではなく、知識と経験であると気が付く。自分は特別おしゃれでもないし、前衛的な服装もしていないが、過去の自分のようにダサい服装から垢抜けたい人を応援するため、fashileを開設。オシャレオシャレした既におしゃれな人に向けた情報ではなく、レベル1からレベル50くらいまで上げられる情報を中心に発信してきます。