【ニットの選び方】メンズセーターの生地や種類を紹介します【必見】

「ニット・セーターの選び方がよく分からない」と悩んではいませんか?

ニットは正しい選び方をすれば、簡単におしゃれに見える強力なアイテムです。

しかし、ニットの選び方や使い方を間違えると、ダラしない印象を与えてしまったり、コーディネートに強い違和感を持たせてしまいます。

ニットは成功例と失敗例の差が激しいアイテムと言えます。

 

この記事で紹介する「ニットの正しい着こなし方」をマスターすれば、簡単にかっこいいコーディネートを作ることができます。

まずはニットの種類を解説し、失敗しないおすすめのニットをご紹介します。

 

この記事のもくじ

  • 【ニットの選び方】メンズニット・セーターの種類
  • 着こなしを考えたメンズニットの選び方
  • 正しいメンズニットの選び方をしておしゃれになろう

 

【ニットの選び方】メンズニット・セーターの種類

ニットには種類があり、適切なニットを選ぶ必要があります。

薄手のニットと厚手のニットの選び方

ニットには、大きく分けて「薄手のニットと厚手のニット」があるので、それぞれ季節や気温によって使い分けるべきです。

簡単に分けてしまえば、秋・冬は厚手、秋・春は薄手となります。

そうは言っても、冬に薄手のニットを着ることもあるし、春に厚手のニットを着ることもあります。

なので、ニットの厚さは「一緒に着用する服の暖かさ」と「目指すシルエット」を考えて決めると良いです。

クルーネック・Vネック・タートルネックニットの選び方

ニットの首周りの形は、3種類に分けられます。

  • クルーネック : 首周りが丸形になっており、最もおすすめ
  • Vネック : 首周りがVの字になっており、Vが深いものは避けるべき
  • タートルネック : 首までニットがあり、首元が寂しいコーデに使うことをおすすめ(ハイネックも同様)

ニットの素材や生地の選び方

実際にニットの素材名を覚える必要はありません。パッと見て違和感を覚えるような素材だけ避けましょう。

  • メリノウール : 少しツヤがありコストパフォーマンスに優れる
  • ラムウール : 値段が高すぎることはなく、高品質
  • カシミアウール : ニットでは最高級な素材

 

シロクマくん
シロクマくん

どんな風に着こなせばいいんだ?

トリくん
Mr.トリ

これからニットの着こなし方について解説するよ!

着こなしを考えたメンズニットの選び方

おすすめのニットを具体的に解説していきます。

使いやすいおすすめニットの選び方例

  • ①クルーネック
  • ②ハイゲージ・ミドルゲージ
  • ③明るすぎない落ち着いた色

上記の「3つの要件」を満たすニットが使いやすいおすすめニットです。

 

ハイゲージ・ミドルゲージというのは、ニットの網目が比較的細かいものを指します。

逆に、網目が大きいものはローゲージと呼ばれ、少しカジュアルに寄りますが、立体感が出てコーデに深みを出すことができます。

 

まずは、使いまわし考えて「落ち着いた色のハイゲージ・ミドルゲージニット」できれいめの印象を作りましょう。

ニット1枚で着ても、シャツに重ねて着ても見た目が良く、コーディネートに使いやすいです。

ニットの重ね着については、こちらの記事でもまとめています。

ニット×シャツの重ね着コーデ例10パターン【具体例を挙げて解説】

ニットの選び方を守った使いやすいアイテム例


nano・universe ケーブルネップクルーネックニット ナノユニバース ニット【RBA_S】【RBA_E】【送料無料】

楽天
Amazon


nano・universe 畦クルーネックニット ナノユニバース ニット【RBA_S】【RBA_E】【送料無料】

楽天
Amazon

正しいメンズニットの選び方をしておしゃれになろう

最初に紹介したとおり、ニットは上手く使えればおしゃれに見えやすいアイテムの1つです。

コーディネートの中に簡単に素材の違いを出すことができます。

使いこなすのも難しくないので、秋冬春には特におすすめしたいアイテムです。

使いやすいニットを手に入れて、たくさん着てみてください。

YouTubeでも発信しています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

こちらの記事もあわせてご覧ください。

白ニットと白シャツのメンズコーデがおすすめな3つの理由【モテる】

ABOUTこの記事をかいた人

fashile運営者の1人25歳。 服装がダサい自覚がないまま大学入学。数ヵ月後、自分は生まれながらのおしゃれ属性ではないことに気が付く。脱ダサしようと友人の協力を得つつおしゃれとバトル。おしゃれはセンスではなく、知識と経験であると気が付く。自分は特別おしゃれでもないし、前衛的な服装もしていないが、過去の自分のようにダサい服装から垢抜けたい人を応援するため、fashileを開設。オシャレオシャレした既におしゃれな人に向けた情報ではなく、レベル1からレベル50くらいまで上げられる情報を中心に発信してきます。