【ジャケットの選び方】メンズジャケットを私服でかっこよく着こなす

ジャケットを着た時、何となくかっこよく着れていない気がしたり、違和感を感じたことはありませんか?

この記事ではジャケットの正しい選び方について解説していきます。

正しいジャケットの選び方を知れば、ジャケットに着られている印象などを解決できます。

ジャケットは、正しい着こなし方を知っている人と何となく着ている人では大きく差が出る服です。

これから紹介するジャケットの選び方を抑えて、ジャケットを簡単に着こなしてみてください。

おしゃれな人が必ず実践している選び方です。

 

 

【ジャケットの選び方】メンズジャケットを私服でかっこよく着こなす

ここで言うジャケットとは、主に「テーラードジャケット”」呼ばれる服を指します。

ジャケットは、きれいめアイテムであり「大人っぽさ」や「清潔感」を出せるので、使いこなすことができると便利です。

高価なものである必要はないので、一着は持っておきましょう。

 

ジャケットの素材や柄の選び方

ジャケットには素材や柄の種類がたくさんあります。

しかし、ジャケットはきれいめアイテムとして使う方が着まわしが利きます。

きれいめなジャケットの方が他のアイテムとのバランスをとりやすいので、シンプルな印象の素材を選び、柄はできるだけ無地のものを優先しましょう。

 

ジャケットのサイズや形の選び方

ジャケットは細めの形を選び、体の線が出るようなシルエットを作りましょう。

肩幅や身幅に余裕がありすぎると、ジャケットにに着られている印象になるので、タイトで体にフィットする物がベストです。

また、着丈がとても重要で、丈が長いと胴長短足に見えてしまうので着丈はお尻に少しかかる位の長さにしましょう。

 

ジャケットの色(カラー)の選び方

ジャケットの色は、ネイビーや黒といった落ち着いた色がおすすめです。

明るい色や珍しい色を使うと、きれいめアイテムであるジャケットがカジュアルアイテムに変わってしまいます。

多少ツヤのあるネイビーや黒のジャケットを選び、きれいめアイテムとして使いましょう。

 

シロクマくん
シロクマくん

ジャケットは着こなせればかなりかっこいいな!

トリくん
Mr.トリ

普段着としてなら、生地が自然っぽいジャケットを選ぶといいよ!

 

ジャケットに合わせる服の選び方

ジャケットは合わせる服も重要です。

合わせる服によって全体の印象が変わります。

 

ジャケットコーデがスーツにならないように注意!

ジャケットはきれいめアイテムの象徴のような服です。

なので、他のアイテムをきれいめに寄せすぎてしまうと、スーツのように見え、カッチリとし過ぎた印象を与えてしまいます。

パーティなどに行く場合を除き、普段使いとしてであれば、ジャケット以外でカジュアルなアイテムを使い全体の印象を和らげましょう。

 

ジャケットにTシャツやニットと合わせよう!

シンプルなジャケットの中に、カジュアルアイテムであるTシャツやニットを着れば、簡単に堅苦しい印象がなくなります。

もちろん、シャツや他の服にも合うものはたくさんありますが、Tシャツやニットが最も簡単で気軽に試すことができるのでおすすめです。

 

正しいメンズジャケットの選び方の例


nano・universe ウールライクナロー2Bセットアップ ナノユニバース コート/ジャケット【RBA_S】【RBA_E】【送料無料】

楽天
Amazon

 


GLOBAL WORK (M)ウールジャージJK グローバルワーク コート/ジャケット【RBA_S】【RBA_E】【送料無料】

楽天

 


UNITED ARROWS green label relaxing CM ストレッチコーデュロイ ジャケット M68 ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング コート/ジャケット【送料無料】

楽天
Amazon

 


ダメリーノ JAPAN ウール セットアップ ナノユニバース コート/ジャケット【RBA_S】【RBA_E】【送料無料】

楽天
Amazon

 

メンズジャケットの選び方を知っておしゃれになろう

ジャケットは、仕事でスーツを着る人が多いこともあり、多くの人に着られています。

しかし、着用人口の割に「ジャケットをかっこよく着こなせている人」がとても少ないです。

ちょっとした違いで印象が大きく変わるため、非常にもったいないと思います。

この記事を読み「自分の体に合ったジャケットを着た人」は、「ただジャケットを着ている人」より、ジャケットを正しく着ただけで、プライベートでも仕事でも優れた印象を与えることができます。

重要なことは、自分の体に合ったジャケットです。

高価なものが優れているわけではなく、自分の体に合うものが最もおしゃれと言えます。

 

YouTubeでも解説しています。良ければチャンネル登録お願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

fashile運営者の1人25歳。 服装がダサい自覚がないまま大学入学。数ヵ月後、自分は生まれながらのおしゃれ属性ではないことに気が付く。脱ダサしようと友人の協力を得つつおしゃれとバトル。おしゃれはセンスではなく、知識と経験であると気が付く。自分は特別おしゃれでもないし、前衛的な服装もしていないが、過去の自分のようにダサい服装から垢抜けたい人を応援するため、fashileを開設。オシャレオシャレした既におしゃれな人に向けた情報ではなく、レベル1からレベル50くらいまで上げられる情報を中心に発信してきます。