【メンズ必見】カジュアルな服の判断方法・具体例とおすすめブランド

『メンズ コーディネートの基本』で「きれいめな服」と「カジュアルな服」のバランス次第でコーデの完成度がまったく違ってくる事を解説しました。
日常生活の私服として、”きれいめ”と”カジュアル”のバランスは7:3がベストです。

では、具体的にどんな服が『カジュアルな服』なのでしょうか?

こちらも併せてご覧ください。
⇒『【メンズ必見】キレイめな服の判断方法・具体例とおすすめブランド』

カジュアルなアイテムとは?カジュアルの判断方法

①カラフルであり、モノトーン色でないもの

基本的にカラフルなアイテムは「カジュアルアイテム」となります。
白や黒といったモノトーンカラーのアイテムが「キレイめアイテム」となるので、それ以外と認識した方が分かり易いかもしれません。

青やグレーなど落ち着いた色は、アイテム次第で「カジュアル」にも「キレイめ」にもなり易いので注意が必要です。

アイテムの種類次第で、カジュアルかの判断は変化し、色のみでは判断しきれないので、『カラフルな物はカジュアルに”寄る”』と覚えておいてください。

②シルエットが「ゆったり」しているもの

例えば、パーカーやスウェット(トレーナー)は、シルエットがゆったりしているので「カジュアルアイテム」です。
逆に、テーラードジャケットやスキニーパンツは「キレイめアイテム」です。
タイトな作りではなく、動きやすく余裕のあるアイテムが「カジュアルアイテム」となります。

具体例を後述しますので、今は何となくの認識で大丈夫です。

③スーツから「遠いか?」「近いか?」

“スーツ”が最も「キレイめなアイテム」となります。
スーツから離れれば離れるほど「カジュアル」に近づきます。

従って、「元々は作業着として履かれていたジーパン」や「運動靴からなったスニーカー」はスーツから遠く『カジュアルアイテム』となります。

「カジュアルなアイテム」の一般例

パーカー

Tシャツ

スウェット(トレーナー)

ネルシャツ(チェックシャツ)

デニムシャツ

ブルゾン

Gジャン

キャップ

ニット帽

リュック

シンプルでない時計

デニムパンツ(ジーンズ・ジーパン)

ハーフパンツ

カーゴパンツ

スニーカー

マウンテンシューズ

サンダル

「カジュアルなアイテム」の多いブランド例

紹介するブランドの商品が全て「カジュアルなアイテム」という事ではありません。
ほとんどのブランドは「カジュアル」「キレイめ」両方のアイテムを扱っています。
例にあげるのは”カジュアルアイテムの印象が強い” また、”優れたカジュアルアイテムを揃えている”ブランドです。

BEAMS(ビームス)

AMERICAN RAG CIE(アメリカンラグシー)

GAP(ギャップ)

FREAKS STORE(フリークス ストア)

TOMMY HILFIGER(トミーヒルフィガー)

「カジュアルなアイテム」の使い方

キレイめで作った土台にカジュアルを加える

『メンズ コーディネートの基本』でも説明している通り、コーディネートの基本はキレイめで作ります。

「キレイめ7割」に「カジュアル3割」で”個性”を入れる方法が一番おすすめです。

アイテムの割合だけでなく、コーデの色も同じです。
「モノトーンカラー」で作った落ち着いた雰囲気のコーデに「カジュアルカラー」を1色程度加えた着こなしが最もバランスが保てます。

カジュアルなアイテムの特徴を知り正しく使おう!

カジュアルを味方につける

服装をダサくするのは、大抵の場合「カジュアルなアイテム」の仕業です。
カジュアル要素が溢れ出し過ぎてしまうパターンです。

『カジュアルなアイテム」か?『キレイめなアイテム』か?しっかり判断できるようになり、それぞれ正しい使い方をすれば、満足のいく服装をできるようになるのは簡単です。

まだご覧になっていなければ、こちらも併せてご覧ください。
⇒『【メンズ必見】キレイめな服の判断方法・具体例とおすすめブランド』

ABOUTこの記事をかいた人

fashile運営者の1人25歳。 服装がダサい自覚がないまま大学入学。数ヵ月後、自分は生まれながらのおしゃれ属性ではないことに気が付く。脱ダサしようと友人の協力を得つつおしゃれとバトル。おしゃれはセンスではなく、知識と経験であると気が付く。自分は特別おしゃれでもないし、前衛的な服装もしていないが、過去の自分のようにダサい服装から垢抜けたい人を応援するため、fashileを開設。オシャレオシャレした既におしゃれな人に向けた情報ではなく、レベル1からレベル50くらいまで上げられる情報を中心に発信してきます。