カーディガンの色は2色がおすすめ!メンズは色違いで印象を使い分け

シロクマくん
シロクマくん
何色のカーディガンを買おう!
トリくん
Mr.トリ
おすすめの2色を揃えておけば問題ないよ!

 

「カーディガンの色は何色がおすすめ?」といった疑問に答えていきます。

カーディガンってインナーの色との兼ね合いもあるし、微妙に色の選択で迷いますよね。

この記事を読めば、カーディガンの色はこの色を買っておけば間違いないと分かります。

インナーの色の選び方も紹介するので、役に立つと嬉しいです。

 

ここで少し宣伝ですが、「僕がまだダサかった頃に一番欲しかったもの」を作りました。

良ければチェックしてみてください。

→ 「瞬間でおしゃれになる!一週間の着まわしリスト」

 

この記事のもくじ

  • カーディガンの色は2色がおすすめ!メンズは色違いで印象を使い分け
  • オフィスで使うカーディガンの色の選び方
  • 合わせやすい2色のカーディガンを揃えるのがおすすめ!

カーディガンの色は2色がおすすめ!メンズは色違いで印象を使い分け

カーディガンは2色揃えておけば、困ることはないと思います。

カーディガンの色は何色と何色がおすすめ!

揃えるべきカーディガンの色は「①モノトーンカラー」「②他の色」です。

モノトーンカラーのカーディガン1着、その他の色のカーディガンを1着持っておくとかなり便利になります。

具体例を挙げると、

  • グレーカーディガンとボルドー(赤)カーディガン
  • 黒カーディガンとベージュカーディガン
  • ネイビーカーディガンとブラウンカーディガン

といった感じです。

 

作りたい印象のコーディネートによってそれぞれ一色ずつ好きな色を選べます。

 

カーディガンの色は印象を変える

カーディガンの色次第で印象が変わります。

例えば、今日は「きれいめの落ち着いた印象にしたいな」と思えば、持っているモノトーンカラーのカーディガンを使いましょう。

そして、「今日は色を使った遊び心のある印象にしたいな」と思えば、持っているもう一色のカーディガンを使うべきです。

 

2色のカーディガンを使い分けて作りたい印象のコーデに役立てるのが良いと思います。

【ネイビー】【ボルドー】のカーディガンを持っている人の具体例

  • きれいめの印象にしたい → ネイビーのカーディガン
  • 遊び心を出したい → ボルドーのカーディガン

 

あと、モノトーンカラーのカーディガンは、カーディガン以外の他のアイテムで色を使いたいときにも役立ちます。

パーカーで色を使いたい場合の具体例

  • パーカー(赤)
  • カーディガン(黒)

 

この場合、カーディガンでも色を使ってしまうと少し子供っぽい印象になってしまう可能性があります。

 

おすすめするカーディガン色の合わせ方

インナーの色も加えて、具体的なカーディガンの色合わせを紹介します。

黒カーディガン

白カットソー

黒スキニー

グレーカーディガン

ベージュシャツ

グレースラックス

ベージュカーディガン

黒パーカー

黒スキニー

ブラウンカーディガン

白カットソー

黒スラックス

ボルドーカーディガン

白パーカー

黒スラックス

気に入ったものを試してみてください。

 

ロングカーディガンの色は?

カーディガンにはロング丈のアイテムも存在します。

ロングカーディガンは意外とおすすめで、使いやすい色は黒です。

黒ロングカーディガン

白タートルネック

黒スキニー

白靴下

革靴

 

こんな感じのコーデが特におすすめです。

 

オフィスで使うカーディガンの色の選び方

ビジネス・オフィスで着るカーディガンの色は、モノトーンカラーであれば間違いありません。

スーツの色と合うように黒・グレー・ネイビーを使うのがおすすめです。

ビジネススタイルでは、個性的なおしゃれよりも、「仕事ができそう」「爽やかなだで清潔感があるな」といったおしゃれを目指すべきです。

 

合わせやすい2色のカーディガンを揃えるのがおすすめ!

「モノトーンカラー」「他の好きな色」のカーディガンを1着ずつ揃えて使い分けると便利です。

2色揃えておくだけで、カーディガンで対応できる組み合わせがかなり増えます。

カーディガンは手の出しやすい価格帯のアイテムも多いので、興味がある人は試してみてください。

2色使い分けてみて、もっとカーディガンを使いたいなと思った人は、3色目を検討するのもおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

fashile運営者の1人25歳。 服装がダサい自覚がないまま大学入学。数ヵ月後、自分は生まれながらのおしゃれ属性ではないことに気が付く。脱ダサしようと友人の協力を得つつおしゃれとバトル。おしゃれはセンスではなく、知識と経験であると気が付く。自分は特別おしゃれでもないし、前衛的な服装もしていないが、過去の自分のようにダサい服装から垢抜けたい人を応援するため、fashileを開設。オシャレオシャレした既におしゃれな人に向けた情報ではなく、レベル1からレベル50くらいまで上げられる情報を中心に発信してきます。